C#でgotoの使い方

forステートメント

C#でforの2重ループから抜けたい時、gotoステートメントを使って次のような書き方ができるみたいです。

サンプルコード

using System;

public class Example
{
  static public void Main ()
  {
    for (int i = 0; i < 5; ++i)
    {
      for (int j = 0; j < 5; ++j)
      {
        Console.WriteLine($"i={i}, j={j}");
        if (i + j > 5) goto Finish;
      }
    }

    Finish:
      Console.WriteLine("Finish");
  }
}

実行結果

i=0, j=0
i=0, j=1
i=0, j=2
i=0, j=3
i=0, j=4
i=1, j=0
i=1, j=1
i=1, j=2
i=1, j=3
i=1, j=4
i=2, j=0
i=2, j=1
i=2, j=2
i=2, j=3
i=2, j=4
Finish

switchステートメント

他にも、switchステートメントで

switch (n)
{
  case 1:
    // 実行したい内容1
    break;
  case 2:
    // 実行したい内容2
    goto case 1;
  default
    break;
}

のような書き方もできるみたいです。

慣れないと戸惑いそうですが、覚えておくと便利そうな気がします。

リンク

goto statement – C# Reference | Microsoft Docs
https://docs.microsoft.com/en-us/dotnet/csharp/language-reference/keywords/goto

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。