Cgで使えるbuilt-in関数のリファレンス

Cgで使えるbuilt-in関数のリファレンス

The Cg Tutorial – Appendix E. Cg Standard Library Functions
http://developer.download.nvidia.com/CgTutorial/cg_tutorial_appendix_e.html

Cg-3.1_April2012_ReferenceManual.pdf
http://developer.download.nvidia.com/cg/Cg_3.1/Cg-3.1_April2012_ReferenceManual.pdf

UnityのShaderでも参考になるかなと思います。

関連記事

UnityでFake Rim Lighting
UnityでFake Rim Lightingを実装したShaderです。 CG Shaders - Fake Rim Lighting - Artistic Experimentshttp://www.artisticexperiments.com/cg-shaders/cg-shaders-fake-3-point-lighting Sphereに適用してみたサンプル ...

Too many texture interpolators would be used for ForwardBase pass
Unityのシェーダーで Shader error in '': Too many texture interpolators would be used for ForwardBase pass (11 out of max 10) at line xx のようなエラーが出る場合は #pragma target 4.0 を追加すると動くようになることがあるみたいです。 ...

シェーダーを書くときのfloat/half/fixedの使い分け
シェーダーを書くときのfloat、half、fixedの使い分けについて float 通常のプログラミング言語のfloatと同じ32ビット ワールド空間の位置テクスチャ座標 half 一般に16ビット ベクトルオブジェクト空間位置HDRカラー fixed 一般的に11ビット テクスチャデータ 十分な精度になっているかどうかの検証は実機上...

Unityで滝のシェーダー
Unityのシェーダーで滝の表現を試してみました。 参考にさせてもらったのはこちらのblogです。 Unity シェーダーチュートリアル  滝を作ってみる – Tsumiki Tech Times|積木製作http://tsumikiseisaku.com/blog/shader-tutorial-waterfall/ Textureの作り方で雰囲気も変わってくるかなと...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。