Firefoxのsearch-extensions(searchplugins)の変更方法

Firefoxで使う検索エンジンプラグインが従来のファイル形式からomni.jaという形式に変更となったようです。注1

omni.ja

omni.ja

/usr/lib/firefox/omni.ja
/usr/lib/firefox/browser/omni.ja

に置かれています。(Linuxの場合)

今回はsearchpluginsを変更したいので、/usr/lib/firefox/browser/omni.jaの方を編集します。

omni.jaの編集

中身の展開

omni.jaはZipと互換性があるのでunzipで展開できます。

$ mkdir /tmp/omni
$ unzip /usr/lib/firefox/browser/omni.ja -d /tmp/omni

searchpluginschrome/ja-JP/locale/browser/searchpluginsにあります。

xmlの書き方は従来から変わっていないようなので、使いたいファイルと置き換えて、(必要に応じて)list.txtを更新すればOKです。注2

最新バージョンではsearchpluginsからsearch-extensionsに変更となり、検索エンジンの記述方法もxmlからjsonに変りました。

$ cd /tmp/omni/chrome/browser/search-extensions
$ cp -r /path/to/search .
$ vi list.json

新しいomni.jaの作成

展開は普通にunzipでできますが、圧縮には指定されたオプションを使わないとFirefoxがクラッシュしてしまうことがあるそうです。

$ cd /tmp/omni
$ zip -qr9XD omni.ja *
$ su -
# mv -i /tmp/omni/omni.ja /usr/lib/firefox/browser/

リンク

omni.ja (formerly omni.jar) – Mozilla | MDN
https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Mozilla/About_omni.ja_(formerly_omni.jar)


注1 どのバージョンから変更となったのか、正確には把握していませんが、少なくてもversion 45以降ではそうなっています。
注2 異なるlocaleを使っている場合はja-JPの部分をen-USなどに変更してください。

関連記事

Firefoxの新規タブに表示される履歴を削除
いつの頃からかFirefoxで新しいタブを開いたときに、過去の履歴が表示されるようになりました。新規タブは空白のページを表示したいという場合は、下記の方法で設定できるようです。 有効・無効の設定 新しいタブをを開くタブの右上にあるアイコンをクリック これで履歴の機能を有効・無効に設定できます。 履歴の機能を完全に削除 ロケーションバーにabout:configと入力...

SSL 3.0のPOODLE脆弱性への対応
SSL 3.0にPOODLEと呼ばれる脆弱性が見つかり問題となっているようです。そこで、SSL 3.0を無効にする設定をまとめてみました。 Firefox about:configからsecurity.tls.version.minの値を1以上に設定します。 security.tls.version.minには0から3までの値を設定でき、設定値の意味は次のようになります。注 ...

FirefoxのアドレスバーのVisitを削除する手順
Firefoxのアップデート後から、アドレスバーにURLを入力しようとすると Visit … という補完がされるようになりました。 不要な場合は以下の手順で無効化できるようです。 手順 アドレスバーにabout:configと入力(警告が表示される場合は必要に応じて許可)browser.urlbar.unifiedcompleteという項目を探して、値をfalseに...

Firefoxで強制的に新しいタブで開くようにする設定
Firefoxでは、リンクをクリックした時に新しいウィンドウではなく新しいタブで開きたい場合 新しいウィンドウではなく新しいタブで開く という設定をするようになっていますが、この設定をしていても新しいウィンドウが出現するサイト(ページ)があります。 そういう場合は、about:configから次のように設定することで新しいタブで表示されるようにできる場合があるようです。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。