PythonでUnicodeのオブジェクトとコードポイントの変換

UnicodeオブジェクトをUnicodeコードポイントに変換

>>> ord(u'あ')
12354

UnicodeコードポイントをUnicodeオブジェクトに変換

>>> unichr(12354)
u'\u3042'
>>> print unichr(12354)
あ

8ビット文字列にordを使うとASCIIコードを取得することもできます。

>>> ord('a')
97
>>> chr(97)
'a'
>>> unichr(97)
u'a'

関連記事

Pythonでnkf
Pythonで文字コードが不明な文字列(例えばインターネット上のHTMLは文字コードが間違っている場合があります)はnkfを使うと簡単に取り扱うことができるみたいです。 # emerge -pv app-i18n/nkf These are the packages that would be merged, in order: Calculating dependencies... ...

python-chardet
python-chardetを使った文字コード推定 使い方 >>> import chardet >>> s = 'こんにちは' >>> chardet.detect(s) {'confidence': 0.9690625, 'encoding': 'utf-8'} >>> s.decode(chardet.detect(s)['encoding']) u'\u3053\u3...

Pythonの新しい文字列書式操作
Pythonのformatを使った新しい文字列の書式操作注は、{}を使って次のようにして使います。 >>> '{0} + {1} = {2}'.format(1, 2, 1+2) '1 + 2 = 3' {0} {1} {2}が順になっている場合はポジション引数は省略可能です。 >>> '{} + {} = {}'.format(1, 2, 1+2) '1 + 2 = 3' ...

PythonのString Formattingを拡張
Python 3で追加されたformatを使うと文字列操作が便利になります。 使い方は次のような感じです。(参考:Pythonの新しい文字列書式操作) >>> '{0} + {1} = {2}'.format(1, 2, 1+2) '1 + 2 = 3' string.Formatterを継承すると、この文字列操作を拡張することができるそうです。 拡張の仕方は以下のような...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。