Pythonの新しい文字列書式操作

Pythonのformatを使った新しい文字列の書式操作は、{}を使って次のようにして使います。

>>> '{0} + {1} = {2}'.format(1, 2, 1+2)
'1 + 2 = 3'

{0} {1} {2}が順になっている場合はポジション引数は省略可能です。

>>> '{} + {} = {}'.format(1, 2, 1+2)
'1 + 2 = 3'

キーワード引数は次のように使います。

>>> 'Hello {name}!'.format(name='John')
'Hello John!'

dxobを使って、10進表記、16進表記などでも表示できます。

>>> '{0:d} {0:x} {0:o} {0:b}`.format(15)
15 f 17 1111

#オプションで0xなどのプリフィックスが追加されます。

>>> '{0:#d} {0:#x} {0:#o} {0:#b}`.format(15)
15 0xf 0o17 0b1111

少し便利な機能として、1000ごとに,を追加することもできます。

>>> '{:,}`.format(1234567890)
1,234,567,890

%03.2f{:03.2f}と書き換えます。

>>> '{:05.2f}'.format(3.141592)
03.14

その他、詳細はリンク先を参照してください。

7.1. string — 一般的な文字列操作 — Python 2.7ja1 documentation
http://docs.python.jp/2/library/string.html


Python 3.0では%を使った書式指定より好ましい書き方とされています。

関連記事

Pythonでnkf
Pythonで文字コードが不明な文字列(例えばインターネット上のHTMLは文字コードが間違っている場合があります)はnkfを使うと簡単に取り扱うことができるみたいです。 # emerge -pv app-i18n/nkf These are the packages that would be merged, in order: Calculating dependencies... ...

python-chardet
python-chardetを使った文字コード推定 使い方 >>> import chardet >>> s = 'こんにちは' >>> chardet.detect(s) {'confidence': 0.9690625, 'encoding': 'utf-8'} >>> s.decode(chardet.detect(s)['encoding']) u'\u3053\u3...

PythonでUnicodeEncodeErrorとなる場合に
Pythonで端末のエンコーディング取得はgetpreferredencodingでできます。 >>> import sys >>> locale.getpreferredencoding() 'cp932' 「あいうえお」と表示するスクリプト(sample.py) # -*- coding: UTF-8 -*- s = u'あいうえお' print s コマンドプロンプ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。