Python製CGIのデバッグ

ローカルPCでの開発中は逐一エラーを確認しながらデバッグできますが、サーバーにアップロードしてしまうと、デバッグが大変になってしまいます。

そういう時は、cgitbで簡単にデバッグできます。

#!/usr/bin/env python

import cgitb
cgitb.enable()

# 以下、実行したいスクリプト
raise Exception('error')

こんな感じにしておけば、エラーが発生した場所や内容が確認できるようになります。

関連記事

Pythonのtypesとassert
Pythonで型チェックの方法です。 types 型の取得には組み込み関数typeを使います。 >>> from types import * >>> type(1) == IntType True >>> type('') == StringType True >>> type([]) == Li...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。