coreのダンプとgdbでのデバッグ

coreをダンプするように設定して、デバッグする手順

1. プログラムのコンパイル

$ g++ -O0 -g example.cpp

最適化無効、デバッグ情報付加でビルド

2. coreをダンプするように設定

$ ulimit -c unlimited

最近の環境ではデフォルトでcoreを出力しない設定になっていることが多いです。

3. ビルドしたプログラムの実行

$ ./a.out
$ ls
a.out core example.cpp

4. デバッグ

$ gdb a.out core

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。