C#でgotoの使い方

forステートメント

C#でforの2重ループから抜けたい時、gotoステートメントを使って次のような書き方ができるみたいです。

サンプルコード

using System;

public class Example
{
  static public void Main ()
  {
    for (int i = 0; i < 5; ++i)
    {
      for (int j = 0; j < 5; ++j)
      {
        Console.WriteLine($"i={i}, j={j}");
        if (i + j > 5) goto Finish;
      }
    }

    Finish:
      Console.WriteLine("Finish");
  }
}

実行結果

i=0, j=0
i=0, j=1
i=0, j=2
i=0, j=3
i=0, j=4
i=1, j=0
i=1, j=1
i=1, j=2
i=1, j=3
i=1, j=4
i=2, j=0
i=2, j=1
i=2, j=2
i=2, j=3
i=2, j=4
Finish

switchステートメント

他にも、switchステートメントで

switch (n)
{
  case 1:
    // 実行したい内容1
    break;
  case 2:
    // 実行したい内容2
    goto case 1;
  default
    break;
}

のような書き方もできるみたいです。

慣れないと戸惑いそうですが、覚えておくと便利そうな気がします。

リンク

goto statement – C# Reference | Microsoft Docs
https://docs.microsoft.com/en-us/dotnet/csharp/language-reference/keywords/goto

MariaDBでデータベース一覧とテーブル一覧を取得するコマンド

MariaDBで存在しているデータベースとテーブルの一覧が知りたい場合はshowコマンドを使って表示できるみたいです。

データベース一覧を表示

show databases;

テーブル一覧を表示

show tables from データベース名;

使い方は次のような感じです。

$ mysql -u username -p
Enter password:
Welcome to the MariaDB monitor. Commands end with ; or \g.
Your MariaDB connection id is ****
Server version: 10.2.2-MariaDB-valgrind-max-debug Source distribution

Copyright (c) 2000, 2016, Oracle, MariaDB Corporation Ab and others.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

MariaDB [(none)]> show databases;
+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql              |
| performance_schema |
| wordpress          |
+--------------------+
4 rows in set (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> show tables from wordpress;
+----------------------------+
| Tables_in_MariaDB          |
+----------------------------+
| wp_commentmeta             |
| wp_comments                |
| wp_links                   |
| wp_options                 |
| wp_postmeta                |
| wp_posts                   |
| wp_term_relationships      |
| wp_term_taxonomy           |
| wp_termmeta                |
| wp_terms                   |
| wp_usermeta                |
| wp_users                   |
+----------------------------+
12 rows in set (0.00 sec)

リンク

SHOW DATABASES – MariaDB Knowledge Base
https://mariadb.com/kb/en/show-databases/

SHOW TABLES – MariaDB Knowledge Base
https://mariadb.com/kb/en/show-tables/

UnityのInspectorで配列の順番を変更したい場合はReorderableList

Unityで配列を使いたい場合、

using UnityEngine;

public class Example : MonoBehaviour
{
  public string[] Array;
}

のような感じで実装すると、Inspectorには次のように表示されます。

これだけでもInspectorから配列のサイズと値を設定することができて便利ですが、要素の並び替えがしたいと思って実装方法を調べてみました。

ReorderableList

ということで、ReorderableListを使うとInspectorで並び替えができるようになるみたいです。

最低限の実装で並び替えだけしたい場合

とりあえず並び替えだけできれば良いという場合は、次のように実装できるみたいです。

using UnityEditor;
using UnityEditorInternal;

[CustomEditor(typeof(Example))]
public class ExampleEditor : Editor
{
  ReorderableList _reorderableList;

  void OnEnable()
  {
    var property = serializedObject.FindProperty("Array");
    _reorderableList = new ReorderableList(serializedObject, property, true, true, false, false);
  }

  public override void OnInspectorGUI()
  {
    base.OnInspectorGUI();

    serializedObject.Update();
    _reorderableList.DoLayoutList();
    serializedObject.ApplyModifiedProperties();
  }
}

Inspectorの表示は次のような感じになります。

Serialized Propertyに表示されているElementをドラッグで移動できるようになります。(移動した場合は上のArrayの値も変更されます。)

値も表示したい

値も表示したいという場合は、次のような感じでdrawElementCallbackを実装します。

void OnEnable()
{
  var property = serializedObject.FindProperty("Array");
  _reorderableList = new ReorderableList(serializedObject, property, true, true, false, false);

  _reorderableList.drawElementCallback = (rect, index, isActive, isFocused) =>
  {
    var element = property.GetArrayElementAtIndex(index);
    EditorGUI.PropertyField(rect, element);
  };
}

Inspectorの表示は次のような感じになります。

構造体を表示したい

構造体を表示したい場合は、Serializable属性を設定した上で、次のような感じで修正します。

using UnityEngine;

public class Example : MonoBehaviour
{ 
  [System.Serializable]
  public struct Struct
  { 
    public string text;
    public int value;
  }

  public Struct[] Array;
}
using UnityEditor;
using UnityEditorInternal;

[CustomEditor(typeof(Example))]
public class ExampleEditor : Editor
{
  ReorderableList _reorderableList;

  void OnEnable()
  {
    var property = serializedObject.FindProperty("Array");
    _reorderableList = new ReorderableList(serializedObject, property, true, true, false, false);

    _reorderableList.elementHeightCallback = (index) =>
    {
      var element = property.GetArrayElementAtIndex(index);
      return EditorGUI.GetPropertyHeight(element.FindPropertyRelative("text")) + EditorGUI.GetPropertyHeight(element.FindPropertyRelative("value"));
    };

    _reorderableList.drawElementCallback = (rect, index, isActive, isFocused) =>
    {
      var element = property.GetArrayElementAtIndex(index);

      rect.height = EditorGUI.GetPropertyHeight(element.FindPropertyRelative("text"));
      EditorGUI.PropertyField(rect, element.FindPropertyRelative("text"));

      rect.y += rect.height;
      rect.height = EditorGUI.GetPropertyHeight(element.FindPropertyRelative("value"));
      EditorGUI.PropertyField(rect, element.FindPropertyRelative("value"));
    };
  }

  public override void OnInspectorGUI()
  {
    base.OnInspectorGUI();

    serializedObject.Update();
    _reorderableList.DoLayoutList();
    serializedObject.ApplyModifiedProperties();
  }
}

Inspectorの表示は次のような感じになります。

もう少し真面目に実装したい場合

同じ設定が二重に表示されないようにしたい場合はHideInInspector属性を設定します。

[HideInInspector] public Struct[] Array;

ただ、このままではInspectorから配列のサイズが変更できなくなってしまうので、

_reorderableList = new ReorderableList(serializedObject, property);

とした上で、_reorderableListonAddCallbackonRemoveCallbackを実装すると良いみたいです。