Software」カテゴリーアーカイブ

PC関連のソフトウェアに関するカテゴリーです。

コマンドラインを使った全角⇔半角の変換方法

nkfsedを使ってコマンドラインから全角⇔半角の変換をする方法についてのまとめ。

全角⇒半角の変換

nkfを使う場合

全角から半角へはnkf-Zオプションで変換できます。

全角英数字を半角英数字に変換

$ echo 'あいうえお 123456 abcdef' | nkf -Z
あいうえお 123456 abcdef

全角英数字と全角スペースを半角に変換

$ echo 'あいうえお 123456 abcdef' | nkf -Z1
あいうえお 123456 abcdef

全角英数字と全角スペースを半角に変換(全角スペースは半角スペース2つに変換)

$ echo 'あいうえお 123456 abcdef' | nkf -Z2
あいうえお  123456 abcdef

sedを使う場合

$ echo 'あいうえお 123456 abcdef' | sed 'y/abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ1234567890 /abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ1234567890 /'
あいうえお 123456 abcdef

半角⇒全角の変換

sedを使う場合

$ echo 'あいうえお 123456 abcdef' | sed 'y/abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ1234567890 /abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ1234567890 /'
あいうえお 123456 abcdef

数字だけ全角に変換したい場合

$ echo 'あいうえお 123456 abcdef' | sed 'y/1234567890/1234567890/'
あいうえお 123456 abcdef

※コマンドはすべて1行です。改行しないように注意してください。

FFmpegで連番画像から動画を作成する際のTIPS

FFmpegで連番画像から動画を作成する際のTIPSをまとめてみました。

※一部、過去記事と重複する内容もあります。

画像ファイルから動画ファイルを作成するコマンド

0001.png0002.png0003.png …という連番画像から動画ファイル(MP4)を作成するには以下のようなコマンドを実行します。

$ ffmpeg -i %04d.png -c:v libx264 output.mp4

%04d.pngの部分が連番画像ファイルを指定する部分になっています。

例えば、image_001.pngimage_002.pngimage_003.png …というファイル名になっている場合はimage_%03d.pngのような感じにします。

関連記事: アニメーションGIFの作り方

フレームレートの設定

オプションを指定していない場合、フレームレートが25fpsの動画ファイルが作成されます。変更したい場合は-rコマンドでフレームレートを設定してください。

$ ffmpeg -r 30 -i %04d.png -c:v libx264 output.mp4

画質の設定

動画の画質を設定する場合は-crfオプションを使います。デフォルトでは23になっています。画質を上げたい場合はより小さな値を、画質を下げたい(ファイルサイズを小さくしたい)場合はより大きな値を設定します。

$ ffmpeg -i %04d.png -c:v libx264 -crf 20 output.mp4

関連記事: FFmpegでYouTube向けにエンコード

ループの設定

動画を何周かループさせたい場合は-stream_loopオプションを使います。例えば、-stream_loop 2とすると、最初の1周分とあわせて同じ内容が3回表示される動画ファイルになります。

$ ffmpeg -stream_loop 2 -i %04d.png -c:v libx264 output.mp4

YouTubeなどのサイトにアップロードする場合

YouTubeなどの動画サイトにアップロードする場合は-pix_fmt yuv420pを付けないと正常に再生できない場合があります。アップロードしてみて、正常に再生できないようであれば、設定を見直してみてください。

$ ffmpeg -i %04d.png -c:v libx264 -pix_fmt yuv420p output.mp4

関連記事: FFmpegでYouTube向けにエンコード

Raspberry Piにプロキシサーバーをインストールする方法

Raspberry Piにプロキシサーバー「Squid」をインストールするメモ。

インストール

$ sudo apt install squid

設定

設定ファイルは/etc/squid/squid.confになります。
お好みのエディタで編集してください。

$ sudo vi /etc/squid/squid.conf

Squidの起動

$ sudo service squid start

起動後、設定ファイルをリロードしたい場合は次のようにします。

$ sudo service squid reload

Squidの設定メモ

使用ポートを3128番に設定して、すべてのアクセスを許可

http_port 3128

acl all src 0.0.0.0/0
http_access allow all

特定のIPアドレスからのアクセスのみ許可

http_port 3128

acl host src 192.168.0.12/32
http_access allow host

acl all src 0.0.0.0/0
http_access deny all

IPアドレスを範囲で許可したい場合は192.168.0.0/24192.168.0.1-192.168.0.255
のような形式で設定することもできます。

特定のドメインのみアクセスを許可

http_port 3128

acl allowlist dstdomain "/etc/squid/allowlist"
http_access allow allowlist

acl all src 0.0.0.0/0
http_access deny all

allowlist

www.example.com
.example.net

のように許可したいドメインを記述します。

.から始まるドメインはサブドメインすべてが許可される設定になります。

特定のIPアドレスから特定のドメインのみアクセスを許可

http_port 3128

acl allowlist dstdomain "/etc/squid/allowlist"
http_access deny !allowlist

acl host src 192.168.0.12/32
http_access allow host

acl all src 0.0.0.0/0
http_access deny all

その他の設定

以下は必要な場合のみ/etc/squid/squid.confに追加してください。

プロキシサーバーを経由しているという情報を隠したい場合

forwarded_for off
request_header_access X-Forwarded-For deny all
request_header_access Via deny all
visible_hostname unknown

リファラー情報を送信したくない場合

request_header_access Referer deny all

リンク

FrontPage – Squid Web Proxy Wiki
https://wiki.squid-cache.org/