Software」カテゴリーアーカイブ

PC関連のソフトウェアに関するカテゴリーです。

MariaDBでデータベース一覧とテーブル一覧を取得するコマンド

MariaDBで存在しているデータベースとテーブルの一覧が知りたい場合はshowコマンドを使って表示できるみたいです。

データベース一覧を表示

show databases;

テーブル一覧を表示

show tables from データベース名;

使い方は次のような感じです。

$ mysql -u username -p
Enter password:
Welcome to the MariaDB monitor. Commands end with ; or \g.
Your MariaDB connection id is ****
Server version: 10.2.2-MariaDB-valgrind-max-debug Source distribution

Copyright (c) 2000, 2016, Oracle, MariaDB Corporation Ab and others.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

MariaDB [(none)]> show databases;
+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql              |
| performance_schema |
| wordpress          |
+--------------------+
4 rows in set (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> show tables from wordpress;
+----------------------------+
| Tables_in_MariaDB          |
+----------------------------+
| wp_commentmeta             |
| wp_comments                |
| wp_links                   |
| wp_options                 |
| wp_postmeta                |
| wp_posts                   |
| wp_term_relationships      |
| wp_term_taxonomy           |
| wp_termmeta                |
| wp_terms                   |
| wp_usermeta                |
| wp_users                   |
+----------------------------+
12 rows in set (0.00 sec)

リンク

SHOW DATABASES – MariaDB Knowledge Base
https://mariadb.com/kb/en/show-databases/

SHOW TABLES – MariaDB Knowledge Base
https://mariadb.com/kb/en/show-tables/

Raspberry Piに関するTIPS

Raspberry Piの温度を調べたい

下記コマンドで温度が調べられます。

/opt/vc/bin/vcgencmd measure_temp

アップデート

Raspberry Piにインストールしているソフトウェアをアップデートしたい場合は、下記コマンドを実行します。

sudo apt update
sudo apt upgrade

もしくは

sudo apt update
sudo apt full-upgrade

マウスの動作が遅い

/boot/cmdline.txtusbhid.mousepollの設定を追加して再起動します。

usbhid.mousepoll=0

キーボードのCtrlキーとCapsキーを入れ替えたい

/etc/default/keyboardXKBOPTIONSの設定を追加して再起動します。

XKBOPTIONS="ctrl:swapcaps"

IPアドレスを固定したい

/etc/dhcpcd.confに以下のような内容を追加します。(192.168.1.23は固定したいIPアドレス、1.1.1.1はネームサーバーの例です。)

interface eth0
static ip_address=192.168.1.23/24
static routers=192.168.1.1
static domain_name_servers=1.1.1.1

dhcpcd.confが修正できたら再起動するか、下記コマンドを実行します。

sudo ipconfig eth0 down
sudo ipconfig eth0 up

無線LANのIPアドレスを固定したい場合はeth0の部分をwlan0に読み替えてください。

interface wlan0

SSIDステルス機能を有効にしている無線LANに接続したい

wpa_passphrase "SSID名" "パスワード"

を実行して、表示された内容を/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.confに追加します。

もしくは、

sudo wpa_passphrase "SSID名" "パスワード" >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

を実行します。

更に、エディタでwpa_supplicant.confを開いてnetwork={…}内に

scan_ssid=1

を追加し、再起動します。

NFSサーバーとして運用したい

まず、nfs-kernel-serverをインストールします。

sudo apt install nfs-kernel-server

インストールできたら、/etc/exportsを以下のような感じで設定します。(/exportを公開する場合の例です。)

/export 192.168.1.0/24(rw,fsid=0,insecure,no_subtree_check,async)

※NFSクライアントを制限する必要がない場合は192.168.1.0/24の部分を*とします。

設定できたら下記コマンドを実行します。

sudo exportfs -rav

リンク

Network File System (NFS) – Raspberry Pi Documentation
https://www.raspberrypi.org/documentation/configuration/nfs.md

Firefoxのabout:configについて

Firefoxのabout:configで設定している内容についての覚え書き。
(万人向けの設定ということではありませんので、参考にされる場合は内容を確認してから設定してください。)

extensions.pocket.enabled: false (デフォルトはtrue)

Pocket機能の有効・無効を設定します。

参考: FirefoxのPocket機能を無効化する方法

network.connectivity-service.enabled: false (デフォルトはtrue)

Activity Streamの有効・無効を設定します。

accessibility.blockautorefresh: true (デフォルトはfalse)

<meta http-equiv="refresh">による自動更新の有効・無効を設定します。

image.animation_mode: none (デフォルトはnormal)

アニメーションGIFの再生を設定します。
1回のみ再生する場合はonce、全く再生しない場合はnoneにします。

参考: FirefoxでGIFアニメーションを止める

accessibility.typeaheadfind.soundURL: 空欄 (デフォルトはbeep)

beep音の設定です。
空欄にするとbeep音が再生されなくなります。

参考: LinuxのアプリケーションでBeep音を消す方法

browser.cache.disk.enable: false (デフォルトはtrue)

ディスクキャッシュを使用するかどうかの設定です。

browser.link.open_newwindow.restriction: 0 (デフォルトは2)

新しいウィンドウで表示する代りに新しいタブで表示したい場合は0とします。

Preferencesにも同様の設定がありますが、JavaScriptによる新しいウィンドウの表示に対応したい場合はabout:configから設定する必要があるみたいです。

keyword.enabled: false (デフォルトはtrue)

アドレスバーでのキーワード検索の有効・無効を設定します。

network.predictor.enabled: false (デフォルトはtrue)

先読み機能の有効・無効を設定します。

network.captive-portal-service.enabled: false (デフォルトはtrue)
network.connectivity-service.enabled: false (デフォルトはtrue)

公衆Wi-FiやIPv6などの有効性確認の有効・無効を設定します。

ui.prefersReducedMotion: 1

読み込み完了時の青いフラッシュアニメーションを停止する場合は1に設定します。

参考: Firefoxでページ読み込み完了時のアニメーションを止める方法

extensions.screenshots.upload-disabled: true (デフォルトはfalse)

スクリーンショットのネットワーク保存の有効・無効を設定します。

geo.enabled: false (デフォルトはtrue)

Geolocationの有効・無効を設定します。

beacon.enabled: false (デフォルトはtrue)

Beaconの有効・無効を設定します。

network.http.sendRefererHeader: 0 (デフォルトは2)

リファラー送信の有効・無効を設定します。

リファラー送信を無効にしたい場合は0、リンクをクリックした時のみ送信したい場合は1、画像を含む全てのアクセスでリファラーを送信したい場合は2にします。

browser.tabs.crashReporting.sendReport: false (デフォルトはtrue)

クラッシュレポートの有効・無効を設定します。

browser.newtabpage.activity-stream.feeds.telemetry: false (デフォルトはtrue)
browser.newtabpage.activity-stream.telemetry: false (デフォルトはtrue)
browser.newtabpage.activity-stream.telemetry.structuredIngestion: false (デフォルトはtrue)
browser.ping-centre.telemetry: false (デフォルトはtrue)
toolkit.telemetry.archive.enabled: false (デフォルトはtrue)
toolkit.telemetry.bhrPing.enabled: false (デフォルトはtrue)
toolkit.telemetry.firstShutdownPing.enabled: false (デフォルトはtrue)
toolkit.telemetry.newProfilePing.enabled: false (デフォルトはtrue)
toolkit.telemetry.shutdownPingSender.enabled: false (デフォルトはtrue)
toolkit.telemetry.unified: false (デフォルトはtrue)
toolkit.telemetry.updatePing.enabled: false (デフォルトはtrue)

Telemetryの有効・無効を設定します。

general.useragent.override

ユーザーエージェントを変更したい場合に設定します。

例えば、IE4のユーザーエージェントに変更したい場合は、

Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 4.01; Windows 98)

のような感じで設定します。