Firefoxのabout:configについて

Firefoxのabout:configで設定している内容についての覚え書き。
(万人向けの設定ということではありませんので、参考にされる場合は内容を確認してから設定してください。)

extensions.pocket.enabled: false (デフォルトはtrue)

Pocket機能の有効・無効を設定します。

参考: FirefoxのPocket機能を無効化する方法

accessibility.blockautorefresh: true (デフォルトはfalse)

<meta http-equiv="refresh">による自動更新の有効・無効を設定します。

image.animation_mode: none (デフォルトはnormal)

アニメーションGIFの再生を設定します。
1回のみ再生する場合はonce、全く再生しない場合はnoneにします。

参考: FirefoxでGIFアニメーションを止める

accessibility.typeaheadfind.soundURL: 空欄 (デフォルトはbeep)

beep音の設定です。
空欄にするとbeep音が再生されなくなります。

参考: LinuxのアプリケーションでBeep音を消す方法

browser.cache.disk.enable: false (デフォルトはtrue)

ディスクキャッシュを使用するかどうかの設定です。

browser.link.open_newwindow.restriction: 0 (デフォルトは2)

新しいウィンドウで表示する代りに新しいタブで表示したい場合は0とします。

Preferencesにも同様の設定がありますが、JavaScriptによる新しいウィンドウの表示に対応したい場合はabout:configから設定する必要があるみたいです。

ui.prefersReducedMotion: 1

読み込み完了時の青いフラッシュアニメーションを停止する場合は1に設定します。

参考: Firefoxでページ読み込み完了時のアニメーションを止める方法

general.useragent.override

ユーザーエージェントを変更したい場合に設定します。

例えば、IE4のユーザーエージェントに変更したい場合は、

Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 4.01; Windows 98)

のような感じで設定します。

関連記事

Firefoxの新規タブに表示される履歴を削除
いつの頃からかFirefoxで新しいタブを開いたときに、過去の履歴が表示されるようになりました。新規タブは空白のページを表示したいという場合は、下記の方法で設定できるようです。 有効・無効の設定 新しいタブをを開くタブの右上にあるアイコンをクリック これで履歴の機能を有効・無効に設定できます。 履歴の機能を完全に削除 ロケーションバーにabout:configと入力...

SSL 3.0のPOODLE脆弱性への対応
SSL 3.0にPOODLEと呼ばれる脆弱性が見つかり問題となっているようです。そこで、SSL 3.0を無効にする設定をまとめてみました。 Firefox about:configからsecurity.tls.version.minの値を1以上に設定します。 security.tls.version.minには0から3までの値を設定でき、設定値の意味は次のようになります。注 ...

Firefoxをアップデートしたら激重になる現象
Firefoxをアップデート注した後、全ての動作が激重になるという現象が発生し悩んでいたところ、IPv6を無効にすることで解決しました。 手順 IPv6無効化の手順は次の通り。 アドレスバーにabout:configと入力(警告が表示される場合は許可)network.dns.disableIPv6という項目を探して値をtrueに設定 それぞれの環境で状況が違うと思いますの...

Firefoxでページ読み込み完了時のアニメーションを止める方法
Firefoxでページの読み込みが完了する毎に、タブが青くフラッシュするアニメーションが再生されるようになりました。このアニメーションを非表示にしたい場合はabout:configから次のように設定すると良いそうです。 toolkit.cosmeticAnimations.enabledfalseabout:config 追記 詳細は分かりませんが、toolkit.cosmet...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。