Magick++ライブラリ

Magick++はC++言語で使える画像処理ライブラリです。

ヘッダーファイルの読み込み

#include <Magick++.h>

ライブラリの初期化

Magick::Image image(*argv);

画像処理

ファイルを読み込む

Magick::Image image("example.jpg");

2値化

image.type(Magick::BilevelType);

処理後の画像を保存

image.write("magick++.jpg");

コンパイルとリンク

ヘルパースクリプトMagick++-configを使うとヘッダーのパスやリンクオプションを自動で指定できます。

c++ example.cc `Magick++-config --cppflags --cxxflags --ldflags --libs`

サンプルコード

このページのサンプルコードは以下のサイトからダウンロードできます。
Magick++ – テストコード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。