Qtの使い方メモ

Qtの使い方メモ

C++11を使う方法

.proに下記を追加

CONFIG += c++11

QMAKE_CXXFLAGS += -std=c++11なども使えます。

実行ファイルのファイルパスを取得

QCoreApplication::applicationFilePath()

ファイル名だけが欲しい場合はQFileInfoを使って

QFileInfo(QCoreApplication::applicationFilePath()).fileName() 

とできます。

実行ファイルのあるディレクトリを取得

QCoreApplication::applicationDirPath()

アプリケーション名やバージョンを取得

アプリケーション名

QCoreApplication::applicationName()

バージョン番号

QCoreApplication::applicationVersion()

必要なライブラリ(DLL)のコピー

windeployqt.exeというツールで必要なファイル一式をコピーできます。

windeployqt.exe app.exe

app.exeのところは作ったQt製アプリへのパスにします。

windeployqt.exeはQtのインストールで下記の場所にコピーされます。

C:\Qt\<バージョン>\<コンパイラ>\bin

関連記事

SMTP Client for Qt
Qt 4向けのSMTPライブラリ bluetiger9/SmtpClient-for-Qt · GitHubhttps://github.com/bluetiger9/SmtpClient-for-Qt ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。