Raspberry PiにFTPサーバーをインストールする方法

Raspberry PiでFTPサーバー(vsftpd)を運用する手順について。

インストール

$ sudo apt install vsftpd

設定

$ sudo vi /etc/vsftpd.conf

vsftpd.confで設定できる内容は以下のような感じです。

anonymous_enableAnonymousでのログインを許可する場合はYES
local_enableローカルユーザー(piやuseraddで作成したユーザー)でのログインを有効にする場合はYES
write_enableFTPサーバーへの書き込みを有効にする場合はYES
local_umaskumaskの設定(デフォルトは077)
chroot_local_userホームディレクトリより上の階層にアクセスできるようにする場合はYES
pasv_enableパッシブモードを有効にする場合はYES
vsftpd.confで設定できる主な内容

※パスワードを設定していない場合や忘れてしまった場合は、sudo passwd ユーザー名で設定できます。

FTPサーバーの起動

$ sudo service vsftpd restart

530 Login incorrect

FTPクライアントからユーザー名とパスワードを入力した際530 Login incorrectとなる場合はユーザー名かパスワードをミスタイプしているか可能性があるので再確認してみてください。

その他、該当ユーザーのログインシェルをnologingit-shellなどにしている場合も同様のエラーとなるようです。

$ sudo usermod -s /bin/bash ユーザー名

でログインシェルを変更できます。必要に応じて試してみてください。

関連記事

Raspberry Piに関するTIPS
Raspberry Piの温度を調べたい 下記コマンドで温度が調べられます。 /opt/vc/bin/vcgencmd measure_temp アップデート Raspberry Piにインストールしているソフトウェアをアップデートしたい場合は、下記コマンドを実行します。 sudo apt updatesudo apt upgrade もしくは sudo...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。