scpの使い方メモ

scpを使うとローカルファイルをサーバーにアップロードしたり、サーバーにあるファイルをダウンロードしたりできます。ということで、その使い方をメモしてみました。

使い方

scp [オプション] <送信元のファイル> <送信先のパス>

サンプル1

example.gzというファイルをxxx.xxx.xxx.xxxサーバー(実際にはサーバーのIPアドレスもしくはドメイン名)の/path/to/ディレクトリにアップロード
(ログイン名はscpを実行しているクライアントのユーザー名)

$ scp example.gz xxx.xxx.xxx.xxx:/path/to/

ログイン名を変更したい場合はxxx.xxx.xxx.xxxの前にusername@を追加します。

$ scp example.gz username@xxx.xxx.xxx.xxx:/path/to/

サーバー側のSSHがポート番号22以外で動作している場合は-pオプションでポート番号を指定することができます。

$ scp -p 1234 example.gz username@xxx.xxx.xxx.xxx:/path/to/

サンプル2

example.gzというファイルをxxx.xxx.xxx.xxxサーバーからダウンロード

$ scp xxx.xxx.xxx.xxx:/path/to/example.gz .

ポート番号を変更するなどのオプションはサンプル1と同様です。

サンプル3

ディレクトリを扱いたい場合は-rオプションが使えます。

$ scp -r directory xxx.xxx.xxx.xxx:/path/to/

関連記事

SSHが自動でタイムアウトしないように設定
SSHが自動でタイムアウトして接続が切れないようにしたい場合はクラアント側の$HOME/.ssh/configに次のような設定を追加すればよいそうです。 ServerAliveInterval 30 このように設定すると30秒毎にメッセージが送られてタイムアウトしなくなるようです。 ちなみに、デフォルト値は0で、定期的なメッセージ送信はしない設定になっています。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。