Shellスクリプトでif文の使い方メモ

個人的によく使うif文の書き方をメモです。

使い方

if [ 条件 ]
then
  # 実行したいコマンド
elif [ 条件 ]
then
  # 実行したいコマンド
else
  # 実行したいコマンド
fi

elifが不要な場合はelifからの3行、elseが不要な場合はelseからの2行を削除してください。thenをよく忘れるので気をつけてください。

サンプル1

Shellスクリプトのコマンドラインオプション(数字)によって実行する内容を変えるサンプル。

$ cat example1.sh
#!/bin/sh
if [ "$1" -eq 10 ]
then
  echo aaa
else
  echo bbb
fi
$ ./example1.sh 10
aaa
$ ./example1.sh 20
bbb

-eq(equal)の他にも-ge(greater than or equal)-gt(greater than)-le(less than or equal)-lt(less than)-ne(not equal)なども使えます。

サンプル2

shellスクリプトのシンボリックリンクを作成して、ファイル名によって実行する内容を変えるサンプル。

$ cat example2.sh
#!/bin/sh
if [ `basename $0` = "exampleA.sh" ]
then
  echo AAA
else
  echo 222
fi
$ ln -s example2.sh exampleA.sh
$ ./example2.sh
222
$ ./exampleA.sh
AAA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。