viで改行コードを指定して保存する方法

viで改行コードはfileformatもしくはffを使って指定することができます。

Windows(DOS)向けのCRLFにして保存する場合は

:set fileformat=dos

もしくは

:set ff=dos

とします。

同様に、Linux(Unix)向けのLFにして保存する場合は

:set fileformat=unix

とします。

関連記事

viの文字列置換
viで文字列を置換するコマンド 現在の行の最初の文字列を置換 :s/old/new 現在の行の全ての文字列を置換 :s/old/new/g 全ての行の全ての文字列を置換 :%s/old/new/g 10行目から20行目までの文字列を置換 :10,20s/old/new/g 10行目から最終行までの文字列を置換 :10,$s/old/ne...

viで文字コードを指定して読み書きする方法
文字コードを指定してファイルを保存する viで文字コードを指定してファイルを保存するには :set fenc=utf-8 のようにします。 文字コードを指定してファイルを開く 逆に、文字コードを指定してファイルを開くには :e ++enc=euc-jp のようにします。 ...

EmacsとVimでテキストの幅を設定
EmacsやVimでテキストを入力する際、1行の文字数が一定値を超えると自動で改行される機能がデフォルトで設定されています。改行までの文字数を設定したい場合や無効に設定したい場合は次のように設定すると良いそうです。 Emacs M-x set-variableと入力した後 fill-column に設定したいテキストの幅を入力します。 .emacsで設定する場合は ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。