プロキシ環境もしくはオフライン環境でUnityをインストールする方法

プロキシ環境下やオフライン環境でUnityをインストールする方法について。

Unity Hubを使わない場合/オフラインの場合

まず、インターネットに接続されているPCからUnityのアーカイブページにアクセスしてインストールしたいファイルをダウンロードしておきます。


https://unity3d.com/get-unity/download/archive

最低限必要なファイルは

  • Unity Editor (64-bit)

のみです。

Android/iOS Target Supportなどは必要な場合のみダウンロードしてください。

ダウンロードできたらファイルをインストールしたいPCに持って行ってダブルクリックでインストールできます。

インストール後のアクティベーションはManual Activationを選べばネット環境に寄らずセットアップできます。

Unity Hubを使う場合

こちらのページからUnity Hubをダウンロードして通常通りにインストールします。


https://unity.com/download

インストールできたら下記の内容でバッチファイル(.bat)を作成します。

@echo off
set HTTP_PROXY=http://プロキシのIPアドレス:ポート番号
set HTTPS_PROXY=http://プロキシのIPアドレス:ポート番号
start "" "<Unity Hubのインストール先>\Unity Hub.exe"

Unity Hubのインストール先は実際の環境に合わせてください。デフォルトの設定でインストールしている場合はC:\Program Files\Unity Hub\Unity Hub.exeになるかと思います。

作成できたらダブルクリックでバッチファイルからUnity Hubを起動して必要なバージョンのUnity Editorをインストールしてください。

アクセス制限している場合

プロキシサーバーでアクセス制限している場合は下記のドメインを許可しておく必要があります。

*.unity.com
*.unity3d.com

リンク

Unity – Manual: Offline (manual) license activation
https://docs.unity3d.com/Manual/ManualActivationGuide.html

Unity – Manual: Solving network issues
https://docs.unity3d.com/Manual/upm-config-network.html

関連記事

GitHubをプロキシ環境下で使う方法
.gitconfigで設定する方法 以下のコマンドを実行します。 $ git config --global http.https://github.com.proxy http://123.456.789.012:1234 もしくは、$HOME/.gitconfigに以下の内容を追加してください。 [http "https://github.com"] proxy =...

Git LFSをプライベートサーバーで運用する方法について
GitはGitHubを使いつつ、Git LFSはローカルのプライベートサーバーで運用する方法について調べてみました。(VPSなどで運用することもできますが、セキュリティには気を付けてください。) ※GitHubの無料プランではGit LFSのストレージ容量が1GBかつ転送量も1GB/月という制限があり、この制限を回避したいという理由です。 Git LFSに対応した実装はGit LFS...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。