Access-Control-Allow-Origin

設置したCGIを違うドメインからでも使えるようにしたい場合は、HTTPヘッダーにAccess-Control-Allow-Originを追加するとできるようになるそうです。

CGI側でヘッダーを追加する場合

次のような感じでHTTPヘッダーを追加します。

print('Access-Control-Allow-Origin: *')
print('Content-Type: text/plain; charset=UTF-8')

上はPythonの例ですが、他のスクリプトでも同様です。

.htaccessで設定する場合

Apacheでmod_headersモジュールが使える場合は次のようにしてもヘッダーに追加できます。

<Files ~ "sample\.cgi$">
  Header set Access-Control-Allow-Origin "*"
</Files>

この場合はスクリプト自体の修正は不要となります。

関連記事

htaccessとhtpasswdを使ったBasic認証の設定
Basic認証は安全性に問題があり本格的に使うことは稀と思いますが、簡単に設置できるので簡易的なアクセス管理に便利です。 .htpasswdの作成 SSHなどで設置先のサーバーにログインできるという前提で説明します。 SSHでログインできない場合は、ローカルPCなどで.htpasswdを作成してアップロードすることになります。注 新規作成 以下はlolipopという...

htaccessでwwwのアリとナシで統一
wwwアリで統一する場合 RewriteEngine on RewriteCond %{HTTP_HOST} ^example\.com$ RewriteRule (.*) http://www.example.com/$1 [R=301,L] wwwナシで統一する場合 RewriteEngine on RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www.exa...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。