CentOS 7.4にPHP 7.3をインストール

CentOSのPHPをPHP 7.3に更新する手順をメモ 注1

リポジトリーの設定

EPELとRemiのリポジトリーを追加します。

# yum install epel-release
# yum install http://rpms.remirepo.net/enterprise/remi-release-7.rpm

古いPHPをアンインストール

PHPがインストールしてある場合は念のため削除しておきます。注2

# yum remove php-*

PHP 7.3をインストール

# yum install --disablerepo=* --enablerepo=epel,remi,remi-php73 php

必要に応じて、関連パッケージもインストールします。

# yum install --disablerepo=* --enablerepo=epel,remi,remi-php73 php-mbstring php-mysql

PHP 7.3のインストールは、以上で完了です。

php.iniの設定(書き戻し)やApacheの再起動も必要に応じて行ってください。

# vi /etc/php.ini
# systemctl restart httpd

リンク

Remi’s RPM repository
http://rpms.remirepo.net/


注1 yum install phpでインストールできるのはPHP 5.4となっているみたいです。
注2 php.iniなど、必要なファイルがある場合は、アンインストール前にバックアップしておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。