EmacsとVimでテキストの幅を設定

EmacsやVimでテキストを入力する際、1行の文字数が一定値を超えると自動で改行される機能がデフォルトで設定されています。改行までの文字数を設定したい場合や無効に設定したい場合は次のように設定すると良いそうです。

Emacs

M-x set-variableと入力した後

fill-column

に設定したいテキストの幅を入力します。

.emacsで設定する場合は

(setq-default fill-column 100)

などできるようです。

無効にする場合は

(auto-fill-mode -1)

Vim

次を入力します。

:set textwidth=100

100の部分は改行するまでの文字数です。

textwidth=0とすることで無効にも設定できます。

こちらも.vimrc

set textwidth=100

と書くことで初期値として設定できます。

関連記事

viの文字列置換
viで文字列を置換するコマンド 現在の行の最初の文字列を置換 :s/old/new 現在の行の全ての文字列を置換 :s/old/new/g 全ての行の全ての文字列を置換 :%s/old/new/g 10行目から20行目までの文字列を置換 :10,20s/old/new/g 10行目から最終行までの文字列を置換 :10,$s/old/ne...

Emacs Lispの使い方
Emacs Lispに関する覚え書き 外部プログラム(シェルコマンド)の実行 (shell-command-to-string "sample.sh arg1 arg2") 文字列の結合 (concat "abc" "-" "def") ...

Windowsで簡単にEmacsとddskkを使う
WindowsでEmacsやddskkを使うのはいろいろと面倒なイメージでしたが、実は簡単でした。以下、参考までに手順をまとめておきます。 Emacsのインストール EmacsのWindows用バイナリは下記サイトで配布されています。 Index of /pub/GNU/emacs/windowshttp://ftp.jaist.ac.jp/pub/GNU/emacs/wind...

viで改行コードを指定して保存する方法
viで改行コードはfileformatもしくはffを使って指定することができます。 Windows(DOS)向けのCRLFにして保存する場合は :set fileformat=dos もしくは :set ff=dos とします。 同様に、Linux(Unix)向けのLFにして保存する場合は :set fileformat=unix とします。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。