Gentoo LinuxでMingw

Gentoo LinuxでMingwを使ったクロスコンパイル

crossdevをインストール

# emerge -v sys-devel/crossdev

/etc/make.confにPORTDIR_OVERLAYを追加

PORTDIR_OVERLAY="/usr/local/portage"

/usr/local/portageがない場合はディレクトリを作成

# mkdir /usr/local/portage

i686-mingw32の環境を構築

# crossdev --stable --target i686-mingw32

動作確認

次のようなサンプルコードをビルドしてみます。

mingw-sample.c

#include <windows.h>

int main()
{
  MessageBox(NULL, "Hello world!", "Hello world!", MB_OK);
  return 0;
}

ビルドは次のようにします。

$ i686-mingw32-gcc -mwindows -o mingw-sample.exe mingw-sample.c
$ i686-mingw32-strip mingw-sample.exe

ビルドしたファイルはwineで実行可能です。

$ wine mingw-sample.exe

もちろん、Windows環境に持って言って実行することもできます。

mingw-sample.exeの実行結果

stripはなくてもかまいませんが、デバックに使われるデータを削除して、ファイルサイズを小さくしたい場合に使います。

関連記事

libgcc_s_dw2-1.dllがない
MinGWでビルドしたプログラムを実行して、 コンピューターに libgcc_s_dw2-1.dll がないため、プログラムを開始できません。この問題を解決するには、プログラムを再インストールしてみてください。 と表示される場合。 MinGWと一緒にインストールされたDLLを持ってきてもいいですが、スタティックリンクすることもできます。 $ c++ sample.c -m...

Failed to emerge cross-i686-mingw32/gcc-4.8.3
/var/tmp/portage/cross-i686-mingw32/gcc-4.8.3/work/gcc-4.8.3/libsanitizer/interception/interception_win.cc: In function ‘void __interception::WriteJumpInstruction(char*, char*)’: /var/tmp/portage/...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。