InstantGoを無効にする設定

Windowsタブレットなどで実装されているInstantGo(Connected Standby)ですが、従来通りのWindows機として使いたい場合に不便を感じる場面もあります。

そこで、InstantGoの有効無効を確認したり、無効に設定する方法についてまとめておこうと思います。

InstantGoが有効になっているか確認する方法

コマンドプロンプトcmd.exeからpowercfgコマンドを使って確認できます。

> powercfg /a
以下のスリープ状態がこのシステムで利用可能です:
    スタンバイ(接続されています)
    休止状態
    高速スタートアップ

ここでスタンバイ(接続されています)が表示される場合はInstantGoが有効に設定されています。

InstantGoを無効にする方法

InstantGoを無効にするにはレジストリエディターregedit.exeからCsEnable0に変更することで設定できます。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Power]
"CsEnabled"=dword:00000000

※レジストリの設定によってはWindowsが起動しなくなるなどの問題が生じる危険性があります。必ずバックアップをとった上で、故障しても問題ないパソコンでのみ試してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。