xrandrの使い方

xrandrを使うと、ディスプレイの解像度を変更したり画面回転したりなどX Window Systemの設定ができます。

現在の状況を確認

現在のディスプレイの設定状況を確認したい場合はオプションを付けずにxrandrを実行します。

$ xrandr
Screen 0: minimum 320 x 200, current 1920 x 1080, maximum 8192 x 8192
VGA-1 connected primary 1920x1080+0+0 (normal left inverted right x axis y axis)
   1920x1080    60.00*+
   1680x1050    59.95
   1400x1050    59.98
   1600x900     60.00
   1280x1024    75.02    60.02
   1440x900     59.89
   1280x800     59.81
   1152x864     75.00
   1280x720     60.00
   1024x768     75.03    60.00
   800x600      75.00    60.32
   640x480      75.00    59.94
   720x400      70.08
LVDS-1 connected 1920x1080+0+0 (normal left inverted right x axis y axis)
   1920x1080    60.00*+
   1680x1050    59.95
   1400x1050    59.98
   1600x900     60.00
   1280x1024    75.02    60.02
   1440x900     59.89
   1280x800     59.81
   1152x864     75.00
   1280x720     60.00
   1024x768     75.03    60.00
   800x600      75.00    60.32
   640x480      75.00    59.94
   720x400      70.08
HDMI-1 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)
DP-1 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)

この例では、VGA-1LVDS-1の出力がオンになっている状態です。

LVDS-1の出力をオフに

特定の端子からの出力をオフにしたい場合は--offオプションを使います。

$ xrandr --output LVDS-1 --off

HDMI-1の出力をオンに

特定の端子からの出力をオンにしたい場合は--offオプションなしで--outputオプションを使います。

$ xrandr --output HDMI-1

解像度を手動で設定したい場合は--modeオプションを追加します。

$ xrandr --output HDMI-1 --mode 1920x1080

ミラーリングでなく、2つのディスプレイを1つのデスクトップとして使いたい場合は--posオプションで位置を設定できます。

$ xrandr --output VGA-1 --pos 0x0 --output HDMI-1 --pos 1920x0 --mode 1920x1080

関連記事

Cannot open virtual console 7でstartxできない
Gentoo Linuxにelogindを導入後、 xf86OpenConsole: Cannot open virtual console 7 (Permission denied) のようなエラーでstartxできなくなってしまいました。 その後、startxできるようになるまでに試したことのメモです。 USEフラグにelogind -consolekit -syst...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。