Raspberry Piに関するTIPS

Raspberry Piの温度を調べたい

下記コマンドで温度が調べられます。

/opt/vc/bin/vcgencmd measure_temp

アップデート

Raspberry Piにインストールしているソフトウェアをアップデートしたい場合は、下記コマンドを実行します。

sudo apt update
sudo apt upgrade

もしくは

sudo apt update
sudo apt full-upgrade

マウスの動作が遅い

/boot/cmdline.txtusbhid.mousepollの設定を追加して再起動します。

usbhid.mousepoll=0

キーボードのCtrlキーとCapsキーを入れ替えたい

/etc/default/keyboardXKBOPTIONSの設定を追加して再起動します。

XKBOPTIONS="ctrl:swapcaps"

IPアドレスを固定したい

/etc/dhcpcd.confに以下のような内容を追加します。(192.168.1.23は固定したいIPアドレス、1.1.1.1はネームサーバーの例です。)

interface eth0
static ip_address=192.168.1.23/24
static routers=192.168.1.1
static domain_name_servers=1.1.1.1

dhcpcd.confが修正できたら再起動するか、下記コマンドを実行します。

sudo ipconfig eth0 down
sudo ipconfig eth0 up

無線LANのIPアドレスを固定したい場合はeth0の部分をwlan0に読み替えてください。

interface wlan0

SSIDステルス機能を有効にしている無線LANに接続したい

wpa_passphrase "SSID名" "パスワード"

を実行して、表示された内容を/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.confに追加します。

もしくは、

sudo wpa_passphrase "SSID名" "パスワード" >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

を実行します。

更に、エディタでwpa_supplicant.confを開いてnetwork={…}内に

scan_ssid=1

を追加し、再起動します。

NFSサーバーとして運用したい

まず、nfs-kernel-serverをインストールします。

sudo apt install nfs-kernel-server

インストールできたら、/etc/exportsを以下のような感じで設定します。(/exportを公開する場合の例です。)

/export 192.168.1.0/24(rw,fsid=0,insecure,no_subtree_check,async)

※NFSクライアントを制限する必要がない場合は192.168.1.0/24の部分を*とします。

設定できたら下記コマンドを実行します。

sudo exportfs -rav

リンク

Network File System (NFS) – Raspberry Pi Documentation
https://www.raspberrypi.org/documentation/configuration/nfs.md

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。