ブラウン管風のシェーダー

ブラウン管風のシェーダーを試してみました。

crt

ノイズ版

crt-noise

使いどころは少し難しそうですが、良い雰囲気のシェーダーと思います。

※ノイズ版はUniRXを使わない形に改変したものを使っています。

リンク

[Unity3D]ブラウン管風シェーダーを作った | notargs.com
http://wordpress.notargs.com/blog/blog/2016/01/09/unity3d%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%a6%e3%83%b3%e7%ae%a1%e9%a2%a8%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%80%e3%83%bc%e3%82%92%e4%bd%9c%e3%81%a3%e3%81%9f/

関連記事

UnityでGlow shader
UnityでGlowっぽい雰囲気を実装したShaderです。 [Unity] Glowっぽいシェーダを書いてみた - Qiitahttp://qiita.com/edo_m18/items/b5ad2490b73126489c07 Capsuleに適用してみたサンプル ...

Unityで滝のシェーダー
Unityのシェーダーで滝の表現を試してみました。 参考にさせてもらったのはこちらのblogです。 Unity シェーダーチュートリアル  滝を作ってみる – Tsumiki Tech Times|積木製作http://tsumikiseisaku.com/blog/shader-tutorial-waterfall/ Textureの作り方で雰囲気も変わってくるかなと...

Tiling/Offset値をスクリプトから設定する方法
MaterialのTexture設定にあるTilingとOffsetの値をスクリプトから設定したい場合はSetTextureScaleやSetTextureOffsetを使って次のような感じでできるそうです。 Material material; // Tiling material.SetTextureScale("_MainTex", new Vector2(1.0f, 2.0f...

Shader.Findでエラーが発生してしまう場合
Unity Editor上では問題なく動作しているのに、ビルドしたゲームのShader.Findでエラーとなる場合はAlways Included Shadersを設定するとうまくいく場合があるそうです。 var s = Shader.Find("Custom/Example"); Assert.IsNotNull(s); //error Always Included Shader...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。